J-URBANの白い家〜My Home Diary

住友不動産のJ-URBAN(ジェイ・アーバン)で新築することをつづる建築日記

引渡し完了しました

昨年12月に住友不動産と工事請負契約を結んでから約9ヶ月。
ついに引渡しの日を迎えました。



先日の内覧会のときに指摘した補修箇所の確認、カギの引渡し、今後の保障などの話を1時間ぐらいして、無事にこの家は我が家のものとなりました。
引越しは今週末ですが、いまだに自分の家という実感は湧きません。
工事が終わってしまったのがちょっとさびしい気がします。
今まで毎日のように工事の進捗状況を確認して、少しずつ出来上がっていく我が家を見ていくのが本当に楽しかったのです。

悩みに悩んだ末に選んだ住友不動産のJ-URBAN
出来上がった家をみて、この選択は間違っていなかったと実感しました。
もちろん、あーすればよかった、こうしたかったという部分がないわけではありません。ほかの人から見れば何でこんな間取りなの?ちょっとこれはどうなの?という部分があるはず。しかし、家作りは人それぞれこだわりが違うし、施主の満足のために家作りを行うもので、施主の満足が何よりも優先されるはずです。
このJ-URBANの白い家は施主のささやかなこだわりが随所に詰まっています。わがままな要望に最後までお付き合いいただいた営業さん、監督さんには心から感謝しています。

この何のとりとめのないブログにも多くの方にアクセスしていただき正直驚いています。これからも少しずつ住み心地などを紹介していくつもりです。引き続きよろしくお願いします・・・

  1. 2006/09/13(水) 23:30:01|
  2. 建築日記|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:6

フローリング&ユニットバス

今日は仕事で新橋に行ったので、Nationalセンター東京に立ち寄り、フローリングとシステムバスを確認してきた。
フローリングはオーマイティフロアー「Signo」マーブルホワイト柄にするつもりだったが、実際に貼ってある場所を見て絶句!
「安っぽい・・・」   こんなはずでは・・・。
シンプルモダンなイメージにぴったりだと思っていたけれど、フローリングの色が白っぽいだけに、つなぎ目の黒っぽい部分が余計に目立ってしまっていた。かなり考えて選んだつもりだったが、変更することに考えが傾く。もちろん、家の中の照明とショールームの照明は違うとはいえ、広いリビングのイメージはフローリングに大きく左右されるので慎重に選ばないと。ショールームの説明員のお姉さんもマーブルホワイト柄はインテリアの選択が難しいとのこと。
キッチンやトイレ、洗面室には向いているがリビングはちょっと・・・という言い方だったので、同じオーマイティフロア「Signo」のマタヌホワイト柄をチョイス。バーズアイグレイ柄と迷ったが、シンプルなマタヌホワイトにした。こちらもショールームで実際に貼ってある場所を確認した。こちらも色は白っぽいのだけれど、木目調なのでつなぎ目の黒っぽくなる部分があまり目立っていなかった。ナチュラルな木目や無垢も考えたが、家のイメージは白っぽくしていきたいので、却下となる。早速、住友不動産に変更の連絡をしないと。
実際にフローリングは貼ってみないとイメージがわかないのでちょっと怖いけど、ここは自分の完成を信じるしかない。

この後、システムバスの大きさ、ドアの形状、イメージを確認してショールームを出た。やはり、i-uのバスは格好いい。積水ホームテクノからも新しいユニットバス「Do Free Bath」が6月から発売になるようだがちょっと高い!INAXのSUIT ROOMを意識した商品だろうけど、ちょっと手が出ない。
  1. 2006/05/13(土) 03:17:07|
  2. 建築日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

電柱移設工事

我が家の新築現場の前面道路に電柱があり、セットバックする際についでに電柱も移設することになった。ここは位置指定道路となっており、
もともと私の土地に電柱があったもので、移設の費用は無料。この電柱は電気と電話で使用しているため、今日は電気の移設のみを行い、後日電話の移設をする。この電柱が移設されることで前面道路が約40cmくらい広がるので車の通行が楽になるでしょう。本来であればもっと内側に入れたかったのだが、まだセットバックしていない隣家のベランダに近づきすぎてしまい物騒だ、ということからセットバック部分の途中までしか移動できなかった。将来、隣家がセットバックする際には再度移設工事が必要となる。



  1. 2006/05/03(水) 21:36:23|
  2. 建築日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

次のページ