J-URBANの白い家〜My Home Diary

住友不動産のJ-URBAN(ジェイ・アーバン)で新築することをつづる建築日記

足場撤去されました

ここしばらく天気が良かったので、外壁吹きつけは順調に進み、いよいよ足場が撤去された。今まで青い養生シートに囲まれて全貌が良く確認できなかったので、家が完成に近づいていることをとても実感します。
色は白なのでやはり汚れの心配があります。すでに泥がついているような箇所もあり、今後が心配ですが、サイディングにしても10年に1回はメンテナンスが必要になるとの事なので、真っ白のインパクトを楽しみたいと思います。

我が家の前面道路はセットバックが必要なくらい狭く、家の外観を撮影するのはこの場所しかありません。正面からではカメラに収まりません。いづれ広角レンズ付のカメラで撮影したいと思います。





  1. 2006/08/26(土) 23:00:49|
  2. 建築日記(外部工事編)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

外壁吹き付け工事

最近天候が不順で外壁の工事が遅れ気味だったが、ようやく取り掛かることが出来た。吹き付け工事は雨が降ってしまうと、始めからやり直さなくてはならないので、作業する日は慎重に決める必要があるとの事。先週までの台風や夕立で我が家の担当の職人さんも前の現場が終わらなかったようです。

我が家は外壁は2種類を塗り分けます。
道路に面している2面はジョリパット
隣家に面している外壁は弾性リシンとしました。
ジョリパットのほうがちょっと高いのですが、見た目がきれいなことと、雨ダレがつきにくいということで、選択しました。
もちろん、長年使用していれば雨だれが目立つとは思いますが、それはそのとき考えるということで、今は見た目のきれいさ優先してます・・・




色も数多いサンプルから選ぶことが出来るのですが、今回は1番白いJQ-100という品番を選びました。色見本では違いがほとんどわかりません。実際の施工物を見て決めないと、イメージと違うということになりそうです。陽の当たり方で印象が大きく違いそうです。現場にサンプルをもってイメージを確認したほうが良いでしょう。
色だけでなく、塗り方にも数多くの種類が存在します
はっきりいってよく違いがわからないので、一番シンプルな「ゆず肌」という塗り方をチョイスしました。







サッシの部分にはこのようにきちんと養生がしてありました。



2Fルーフバルコニーが完成しています。しかし、ちょっとひびが見受けられました。これはあとで直してもらえるのでしょうか?




  1. 2006/08/21(月) 01:15:28|
  2. 建築日記(外部工事編)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

ラスモル塗り

ラスモル塗りが始まりました。
梅雨明けが長引いたおかげで、外壁作業は今週からやっと本格的に始まりました。しばらく天気は良いみたいだし、作業が順調に進むことを願います。

いつもは大工さん一人での作業が多かったけど、さすがに外壁工事には5人の職人さんが作業をしていた。いつもは500mlのペットボトル2本くらい差し入れしていたけど、ただの偶然とはいえ、紙コップと2lのペットボトルを持っていって良かった!





↓ この中でラスモルと水を混ぜていた


↓ この入れ物に入れ替えて持ち場に移動しラスモル塗りをしていました。


↓ これがグラスファイバーネット。ラスモル下地を塗り、このファイバークロスを貼り、その上からもう一度ラスモルを塗るようです。こうすることでクラックが発生しなくなるらしいです。


↓ 職人さんはてきぱきと作業をしていました。


↓ 缶の入れ物に入ったラスモルを足場につけた電動滑車を使って持ち上げる様子。手馴れたもので、次から次へと運び込んでいました。


  1. 2006/08/03(木) 01:05:59|
  2. 建築日記(外部工事編)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

次のページ