J-URBANの白い家〜My Home Diary

住友不動産のJ-URBAN(ジェイ・アーバン)で新築することをつづる建築日記

写真撮影

クリスマスイブの午前中に
住友不動産のサービスでプロカメラマンの
方に家族全員で写真を撮ってもらいました。

家の前で家族4人並び、パチリ。

我が家は今年は喪中なので、年賀状ではなく
パネルを額に入れてもらうことにしました。
納期は3週間ほど。

12月ということでちょっと寒かったので
娘の鼻が赤くなってしまったのですが
とてもよい記念になりました。
出来上がるのが楽しみです。

下の写真はせっかくきれいな服を着たので
ついでに撮った写真です。

プロの方にはもっとちゃんと撮って頂きました。



  1. 2006/12/25(月) 08:16:00|
  2. 入居編|
  3. トラックバック:13|
  4. コメント:70

モニターつきインターフォン

我が家のインターフォンです。
カラーモニターつきで、留守のときに誰が来たのか、
記録が残っているので、大変便利ですね。
機能としては、監視カメラもつけることが出来るようですが、使用はしておりません。ボイスチェンジ機能も使用してませんね。

3階建てなのでこのモニターは2Fに付けています。
1Fにいるときには2Fにあがって確認しなければいけないのが難点。別売りでワイヤレス子機もあるのですが、今回は取り付けませんでした。いつもは2Fにいるので必要ないかと思ったけれど、子機はあると便利かも・・・



3Fにいても、ピンポンの音はよく響きます♪
  1. 2006/12/10(日) 09:57:02|
  2. 入居編|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

リビングの日当たり

間取りを考えるときに第一に考えたのが、「日当たり」です。
今まで住んでいたマンションは1Fだったこともあり、日中でも電気をつけないと暗かったのが、とても嫌でした。今回の家は3階建てということで、リビングの日当たりをどのように確保するのか?とても悩みました。
建蔽率60%、容積率160%(本当は容積率200%だけど、前面道路が4mしかないために160%となっているらしい)の地区なので決して日当たりは恵まれていないのです。
しかし、幸いにも南側には幅4m、距離10mの隣地通路となっており、隣の家まではちょっと離れている。ちなみに北側は隣家まで2mくらいしか離れていないです。

はじめは日当たりや眺望を確保するために3Fリビングも考えたが、さすがに生活導線を考えると現実的ではなく、2Fリビングとしました。
この写真は夕方4時くらいで日差しが十分入り込んでいます。
おかげさまで、日中は2Fリビングにいるときは全く照明をつける必要はありません。明るいリビングというのは本当にすごしやすくて、気持ち良いです。

今回のリビングは天井高を3mにしたので開放感は抜群です。吹き抜けも考えましたが、無駄なスペースが出来るので、天井高を上げることで妥協しましたが、これでも十分な広さ、ゆとりを感じられます。2x4なので窓を大きく取ることが出来ませんでしたが、これだけの窓でも十分な明かりを確保できたのも、天井高が3mあるためだと思われますので、これから検討される方にはお勧めします。

その代わりに1Fと3Fの天井高は標準では2.4mのところを2.3mとしました。それゆえに標準の扉(高さ2.1m)が付かず、2mの扉を特注することになりました。
玄関扉も特注で、選ぶことの出来るものが限られてしまいましたが、リビングの開放感を優先しました。

ちなみに明かりがこのように入ってくるので、テレビはプラズマだと光が反射するので液晶テレビしか選択できないと思います。
SHARPのAQUOSを第一候補に考えていたので問題ないですが、パイオニアのプラズマも画像がきれいで迷いますね。テレビは値段がもうちょっと下がるまで待つつもりです。



  1. 2006/09/20(水) 00:39:47|
  2. 入居編|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

次のページ