J-URBANの白い家〜My Home Diary

住友不動産のJ-URBAN(ジェイ・アーバン)で新築することをつづる建築日記

地鎮祭

J-URBANで建築請負契約を結んだのが12月14日なので、3ヶ月以上が経過ているが、無事に地鎮祭を終えた。当初はあまり地鎮祭を行うつもりはなかったが、妻の母、私の両親の強い要望により、行うことにした。1時間もかからなかったのでそれほど手間ではなかったのと、近隣の皆さんへの挨拶も同時に行うことができたので、良かったかも。好転に恵まれ、工事がうまく進んでくれることを祈る。

  1. 2006/03/31(金) 23:38:18|
  2. 建築日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:150

ユニットバス

懸念だったユニットバスを決めた。松下電工のi-uがすばらしい。



初めは在来工法のタイル張りにしようと固く決めていたにも関わらず、このシステムバスを見て、一転した。今までのユニットバスの概念を変えるくらいの洗練されたデザインに惹かれた。聞けば有名なプロダクトデザイナーの深澤直人さんが関わった模様。他社の製品とは一線を画している。松下電工によると見積もり依頼件数が通常の3倍の8000件だったというのも理解できる。我が家は1坪しかスペースはないが、1717サイズにして少しでも洗い場を広くした。やはり子供と入るときに洗い場が狭いのはちょっときつい。妻はもっと広い洗い場が欲しいというが、1621タイプにすると洗面所が狭くなるので1717で我慢してもらうことに。今回はゲンキ浴さすり湯(ジェットバス)をつけるのでバスタイムがかなり楽しくなりそう。
  1. 2006/03/20(月) 00:25:38|
  2. 建築日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

天井高3mの照明

リビングの照明は悩みが尽きない。決して広くないのだが、天井高が3mあるのだ。本来であればダウンライトでシンプルにいきたいのだが、照度が足りないと松下電工のショールームで指摘された。偶然、建売住宅で天井高が3mの物件を発見。早速チェックしに行くことに。



この部屋はバルコニーが東向きで、南はハイサイドの開口部がある。午前中に行ったが驚くほど明るかった。我が家と作りは似ているが、照明は小さなスポットライトのみで、メインのシーリングライトは無かった。夜になってみないとこれで十分かの確認は取れないが、業者いわくこれで十分とのこと。天井高を気にするというよりは、デザインの問題かもしれない。今回の建売は照明プラン作成の上で大いに参考になり、あとはオーデリックのショールームに行って実物を確認しよう。
  1. 2006/03/06(月) 01:24:46|
  2. 建築日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

次のページ