J-URBANの白い家〜My Home Diary

住友不動産のJ-URBAN(ジェイ・アーバン)で新築することをつづる建築日記

フローリング開封!

大工さんに無理言ってフローリングの中身を見せてもらいました。

↓ こちらは松下電工のオーマイティフロア・シグノ「マーブルホワイト柄」です。1Fの玄関ホール〜洗面室まわりと2Fのリビング・ダイニングに使用します。本当は本物の大理石を貼りたかったのですが、夏はいいとしても冬の寒いときに裸足で歩くときのヒンヤリ感が辛そうなので、大理石調フローリングに決めました。J-URBAN標準品ではないのでOPTION扱いで決して安くはなかったけど、どうしても床材にはこだわりたかったので・・・





↓ こちらはJ-URBANの標準でWOODONEのコンビットストライプ サクラV101 プロテクト4「メープルホワイト柄」(長い名前ですね)です。こちらは耐引っかきキズ、フリーWAXということで子供部屋にはぴったり。我が家では1F寝室、3F子供部屋、納戸に使用します。





ここで見るより実際に貼ったときはまったく違うイメージになるのでしょうね。あ〜早く見てみたい・・・
  1. 2006/07/31(月) 22:57:19|
  2. 建築日記(内部工事編)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

床暖房工事

2Fリビングに床暖房が設置されていた。
今回新築する際にどうしても導入したかった「床暖房システム」。我が家は温水式(TES)を選択しました。電気式のほうが初期コストは低いのだけれど、温水式の何というか、「やわらかい温かさ」とでもいうのでしょうか?電気式よりも気持ちよく感じられました。こればかりは好みの問題なのでなんともいえませんが、電気式の「触れているところが温かい感じ」があまり好きになれませんでした。使い始めればあまり大差ないかもしれませんが、かなり悩んだのは事実です。今のマンションには床暖房がないので、ランニングコストがどのくらいになるのか心配ですよね。もちろん使い方次第なのですが・・・

我が家はリビングとダイニングの2箇所のみに設置してあり、キッチンはコスト削減のため見送りました。






床暖房のない部分には見切り板が敷き詰められていました。


  1. 2006/07/30(日) 02:01:56|
  2. 建築日記(内部工事編)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

階段工事進行中

1Fの階段の一部はスケルトンにしたけど、ほかの部分はJ-URBAN標準の階段を導入しています。色は白をベースにメープルホワイトの段板の予定だったけど、マーブルホワイト色に変更となりました。我が家ではリビングからルーフバルコニーに出る際に階段を上るので、その階段と、リビングのフローリングの色を合わせるために、白い段板にしています。
こちらのほうがインテリア全体のバランスがよくなるとのこと。

壁紙が貼られ、照明が取り付けられると印象も違ってくるだろうけど、家の中が徐々に「家らしく」なってきました。








↓これは2Fリビングから3Fに上る階段の様子。
今までははしごで上っていたけど、これなら娘も安心して3Fの様子を覗きに行くことが出来る。





  1. 2006/07/29(土) 23:45:21|
  2. 建築日記(内部工事編)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

次のページ